産経ニュース

【衆院解散】与党、民進・希望の合流の動きに対決姿勢強める 自民・二階俊博幹事長「準備不足」、伊吹文明元議長「民進は“バブル政党”に身売り」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
与党、民進・希望の合流の動きに対決姿勢強める 自民・二階俊博幹事長「準備不足」、伊吹文明元議長「民進は“バブル政党”に身売り」

 自民、公明両党は、10月22日投開票の衆院選に向けた民進党と小池百合子東京都知事率いる新党「希望の党」の合流の動きに対決姿勢を強めている。

 安倍晋三首相は28日午後、官邸で記者団に「政策抜きに丸ごと合流することに大変驚いている」と牽制し、「私たちは誠実に愚直に政策を訴える。身を引き締め全力投入したい」と強調した。

 自民党の二階俊博幹事長も記者団に「政権を担う決意があるなら準備が足りないのではないか」と政権担当能力に疑問を呈し、岸田文雄政調会長は「『リセット』とか、さまざまな言葉が躍っているが、具体的な政策が不透明な相手に、右往左往してはならない」と引き締めた。

 伊吹文明元衆院議長は派閥総会で、痛烈にこき下ろした。「民進党はかつて政権をとった政党だ。それをたかだか10人ぐらいの『バブル企業』(希望の党)に身売りするのは理解できない。選挙で生き残る希望の党になっている」

 一方、7月の都議選で小池氏と連携した公明党は山口那津男代表が28日、都内で街頭演説を行った。「実績もない、準備もしていない、寄せ集めの人たちに日本が直面する課題を委ねるわけにはいかない」と訴えたが、小池氏の名前は最後まで触れなかった。

 対決姿勢を鮮明にする与党だが、都知事と希望の党代表を兼務する小池氏が都知事を辞職して、衆院選に出馬すれば選挙情勢が激変するとの懸念は消えない。

「ニュース」のランキング