産経ニュース

【衆院解散】民進・前原誠司代表記者会見詳報(1)「希望の党の公認で出るのか無所属で出るかについては決めていない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
民進・前原誠司代表記者会見詳報(1)「希望の党の公認で出るのか無所属で出るかについては決めていない」

前原誠司氏=28日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影) 前原誠司氏=28日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影)

 民進党の前原誠司代表は28日、両院議員総会で小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」への合流が了承された後、党本部で記者会見し、合流について「小選挙区で(与野党)1対1の構図に持ち込むための決断だ」と述べた。記者会見の詳報は次の通り。

     

 「まず解散についてだが、再三再四、われわれが国対や4党の幹事長会談でも申し入れを行っていたにもかかわらず、まったく議論せずに(臨時国会で)冒頭解散をしたということについては極めて強い憤りを感じている。暴挙であると思っている。

 しかし、解散がなされた。われわれとしては安倍政権をストップさせる、そのために常に言っていた1対1の構図に持ち込むというところの結論を常任幹事会、両院議員総会でいただいたので、そういった方向の中でこれからは取り組みをさせていただきたいと考えている」

 --代表に就任して1カ月足らずで大きな決断をしたが、決断に至った思いは

 「9月1日に代表になって、まだ27日目だ。本当に目まぐるしい1カ月弱だった。しかしながら、山尾(志桜里)さんの問題、相次ぐ離党者、そして解散という形になって、われわれとしてはどう国民に責任を果たしていくべきなのかということを常に考えながら行動してきた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング