産経ニュース

【衆院解散】自由党・小沢一郎代表、希望の党と「合流」方針示す 「一両日中に決着」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
自由党・小沢一郎代表、希望の党と「合流」方針示す 「一両日中に決着」

記者団の取材に応じる自由党の小沢共同代表=28日午後、国会 記者団の取材に応じる自由党の小沢共同代表=28日午後、国会

 自由党の小沢一郎代表は28日、同党と小池百合子東京都知事が代表の国政新党「希望の党」の合流を進める考えを示した。国会内で記者団に「政権交代を実現するため、野党は一つになって戦わないといけないというのが持論だ。私どももその方向で最終的に結論を出していきたい」と語った。時期については「一両日中に決着をつけたい」と語った。

 衆院選では個別の候補者が希望の党公認で立候補することが念頭にあるとみられる。小沢氏は、自身が無所属として立候補する考えを問われ「それも一つの選択肢だ。離党したら代表ではなくなる」と述べ、党自体は存続させる考えをにじませた。「自由党が希望の党に合併するとか、合流するとかは考えていない」とも語った。

 民進党と希望の党の合流については「民進党の前原誠司代表に(野党結集を)主張してきたので、実を結んだ気がする」と述べた。小池氏への合流働きかけについては否定した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング