産経ニュース

【衆院解散】安倍晋三首相「選挙のために看板を替える政党に任せられない」

衆院選2017特集 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
安倍晋三首相「選挙のために看板を替える政党に任せられない」

衆院が解散され、衆院本会議場を後にする安倍晋三首相=28日午後、国会内(福島範和撮影) 衆院が解散され、衆院本会議場を後にする安倍晋三首相=28日午後、国会内(福島範和撮影)

 安倍晋三首相は28日昼、国会内で開かれた自民党両院議員総会で挨拶し、「選挙のために看板を替える政党に、日本の安全、子供の未来を任せるわけにはいかない」と述べ、衆院選を前に事実上解党する民進党や、小池百合子東京都知事が代表を務める「希望の党」の動きを強く牽制(けんせい)した。

 首相は「1990年代に新党ブームが起こり、2009年に民主党ブームがあったが、これがもたらしたものは混乱と経済の低迷だ。政権を奪還し、経済の低迷に終止符を打った」などと述べ、安倍政権の実績を強調した。

 衆院選については、北朝鮮問題を踏まえて「いかに日本を守り抜くのか、国民の命と平和な暮らしを守り抜くのかを問う選挙だ」と訴えた。

「ニュース」のランキング