産経ニュース

【衆院解散】安倍晋三首相会見詳報(1)「生産性革命、人づくり革命はアベノミクス最大の勝負」「人づくり革命の安定財源は消費税率引き上げによる財源を活用」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院解散】
安倍晋三首相会見詳報(1)「生産性革命、人づくり革命はアベノミクス最大の勝負」「人づくり革命の安定財源は消費税率引き上げによる財源を活用」

記者会見で臨時国会冒頭の衆院解散を表明する安倍首相=25日午後、首相官邸 記者会見で臨時国会冒頭の衆院解散を表明する安倍首相=25日午後、首相官邸

 最大の課題は介護人材の確保です。これまで自公政権で月額4万7000円の改善を実現してきましたが、他の産業との賃金格差を無くしていくため、さらなる処遇改善を進めます。

 子育て、介護、現役世代が直面するこの2つの大きな不安の解消に、大胆に政策資源を投入することでわが国の社会保障制度を全世代型へと大きく転換します。

 急速に少子高齢化が進む中、国民の皆さまの支持を得て、今実行しなければならない、そう決意しました。2兆円規模の新たな政策を実施することでこの大改革を成し遂げてまいります。

 しかし、そのつけを未来の世代に回すようなことがあってはならない。人づくり革命を力強く進めていくためには、その安定財源として再来年10月に予定される消費税率10%への引き上げによる財源を活用しなければならないと私は判断いたしました。2%の引き上げにより、5兆円強の税収となります。現在の予定ではこの税収の5分の1だけを社会保障の充実に使い、残りの5分の4の4兆円余りは借金の返済に使うこととなっています。この考え方は、消費税を5%から10%へと引き上げる際の前提であり、国民の皆様にお約束していたことであります。

関連ニュース

「ニュース」のランキング