産経ニュース

河野太郎外相、ロヒンギャ問題で緊急支援400万ドル 難民受け入れのバングラデシュに

ニュース 政治

記事詳細

更新


河野太郎外相、ロヒンギャ問題で緊急支援400万ドル 難民受け入れのバングラデシュに

ミャンマーでの迫害を逃れて密航してきたロヒンギャ難民ら。荷物もほとんどなく、思い詰めたように海を歩く=8日、バングラデシュ南東部コックスバザール(共同) ミャンマーでの迫害を逃れて密航してきたロヒンギャ難民ら。荷物もほとんどなく、思い詰めたように海を歩く=8日、バングラデシュ南東部コックスバザール(共同)

 【ニューヨーク=杉本康士】米ニューヨークを訪問中の河野太郎外相は19日夜(日本時間20日午前)、ミャンマーで迫害を受けるイスラム教徒少数民族ロヒンギャ難民を受け入れているバングラデシュに対し、400万ドル(約4億4000万円)を上限とする緊急支援を近く実施すると発表した。21日には外務省の堀井巌政務官をミャンマーに派遣し、状況の改善を求める。

 河野氏はニューヨーク市内のホテルで記者団に対し、ロヒンギャ過激派とみられるミャンマー政府治安部隊の襲撃について「日本政府は強く非難する」と強調した。一方で、ミャンマー政府に関しては「現地の人権・人道状況、住民殺害の疑惑、40万人が避難民として流出していることに深刻な懸念を有している」とした。

 バングラデシュに対する緊急人道支援に関し、河野氏はロヒンギャ難民の食糧・水、衛生、住居などに対する支援を国際機関を通じて行うと説明した。

「ニュース」のランキング