産経ニュース

【風を読む】非核三原則で国民を守れるか 北が核攻撃能力を持てば「核の破れ傘」になる 論説副委員長・榊原智

ニュース 政治

記事詳細

更新

【風を読む】
非核三原則で国民を守れるか 北が核攻撃能力を持てば「核の破れ傘」になる 論説副委員長・榊原智

石破茂元幹事長 石破茂元幹事長

 勇気ある問題提起があった。

 自民党の石破茂元幹事長が「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という非核三原則の見直し論議を求めたことだ。

 石破氏は「持ち込ませないことと(米国の)拡大抑止力の維持は本当に矛盾しないのか」と述べ、国内へ米軍の核兵器を配備する是非を論じる時期がきたとしている。「議論もしないで『米国の核の傘(拡大抑止)があるから大丈夫だよね』『ミサイル防衛があるから大丈夫だよね』って。本当に日本の独立と平和は達成されるのか」という指摘は傾聴に値する。

 前外相の岸田文雄政調会長は「わが国は米国の抑止力に信頼を寄せている。現在の米国の核抑止力に不備があるとは考えていない」と非核三原則堅持を表明した。政府も同じ立場だ。

 ウソとはいわないが、安全保障の真実を語ってはいない。

 確かに「現在」は、核の傘がさされているのだろう。北朝鮮に米本土を核攻撃する能力はないからだ。しかし、国際社会の働きかけが効かなければ、北朝鮮は来年にもその能力を持つと懸念されている。そうなれば、核の傘は破れ傘になり、日本は「核の雨」を今よりもはるかに恐れる立場に追い込まれる。

 そんな最悪の事態に備え、核の傘の補強を検討しておこうと石破氏は言っているのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング