産経ニュース

【日曜講座 少子高齢時代】第3子の増加策 子育て世帯の転勤なくせ 論説委員・河合雅司

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日曜講座 少子高齢時代】
第3子の増加策 子育て世帯の転勤なくせ 論説委員・河合雅司

 こうした環境は夫婦のどちらかが転勤となった途端に崩れてしまう。夫についていけば妻のキャリアが阻害され、単身赴任となれば子育て参加ができない。

 そもそも子供の有無にかかわらず、転勤制度自体が共働き時代に合わなくなってきている。ただちに廃止したいところだが、それができないのであれば、せめて20代や子供が3人以上いる母親の世帯については凍結すべきだ。

 勤務地を選べるようにすれば、実家の手助けを期待して夫か妻の出身地を勤務地として選ぶ人も出てこよう。

 そして何より重要なのが「第3子以上を増やす」という強い意思を政府が示すことだ。社会の機運を高めることこそ、少子化対策の第一歩である。

「ニュース」のランキング