産経ニュース

【産経抄】保守派が少数派となり社民党化する民進党 泥舟と分かって乗りたがる人はいない 9月16日

ニュース 政治

記事詳細

更新

【産経抄】
保守派が少数派となり社民党化する民進党 泥舟と分かって乗りたがる人はいない 9月16日

 失礼なたとえかもしれないが、「ネズミは沈む船を見捨てる」という言葉が思い浮かぶ。4月の長島昭久元防衛副大臣に始まり、だらだらと続く民進党の離党ドミノのことである。15日も笠浩史、後藤祐一両衆院議員が離党届を提出したが、予備軍はまだまだ控えているという。

 ▼「この場で政権交代を言っても、国民は『何を言っているんだ』となろう」。前原誠司代表は1日の就任あいさつで、こう率直に認めた。そのうえで、改めて国民の選択肢となることを呼びかけたが、党所属議員が次々に別の道を選択するありさまでは話にならない。

 ▼長島氏、細野豪志元環境相、笠氏…と顔ぶれを振り返ると、民進党にあって「改憲派」とされていた人たちである。党内の保守派はいよいよ少数派となり、政策・体質の社民党化は進むことだろう。それで自民党に代わる受け皿となれるのか。

 ▼前原執行部メンバーを見ても、枢要ポストの幹事長代行は元社民党で、かつて著書で皇室について「気持ち悪い」と書いていた辻元清美元国土交通副大臣が就いている。那谷屋正義・参院国会対策委員長は、北朝鮮と何かと交流の深い日教組出身である。

続きを読む

「ニュース」のランキング