産経ニュース

【正論10月号】陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【正論10月号】
陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?

陸上自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)を背景に公開されたPKO派遣部隊の日報と、辞任した稲田朋美防衛相(当時) 陸上自衛隊の南スーダン国連平和維持活動(PKO)を背景に公開されたPKO派遣部隊の日報と、辞任した稲田朋美防衛相(当時)

 柿谷 いったん憲法に「自衛隊」と書いたらその先、何十年も変わらないことになりますよ。なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか。これは後々、悔いが残ると思いますよ。

 中谷 21世紀のわが国が生存を図る上で、現行の憲法で本当に日本が守れるのかを考える必要があります。自衛隊は長射程の火器も保有していませんが、南西諸島の防衛や策源地への反撃能力などを考えれば装備についてもより効果的なものを考えていく必要があります。憲法改正議論には、いかに国民の生命・財産を守るかを、真剣に考えていかねばなりません。

 火箱 現在の憲法のもとで専守防衛が掲げられ、防衛費はおよそGDPの1%以内に抑えられていますが、これは相撲に例えれば「張り手などは禁止で、うっちゃりで何とかしろ」と制限されているような理不尽な話です。今の世界では、一国では自国の平和は守れない、各国が連携して守る、というのが常識になりつつあります。日本はようやく集団的自衛権が限定的に認められましたが、限定的で本当にいいのかという問題もあります。憲法を改正するのが理想的ですが、まずは「専守防衛」でよいのか、この問題を解決に向けて進めてもらえればと思っています。

 柿谷 極論かも知れませんが、憲法はそのままに「国軍法」を作ればいいのです。これなら両院で過半数の賛成があれば可能です。 

 私はいっそ最高裁が「自衛隊は憲法違反だ」と判断してくれればいいのに、と思うこともあります。そうすれば自衛隊を解散するか、憲法を改正して軍を持つしか選択肢はありませんから。国民もずるいと思いますよ。歴代政府も「徴兵制は『意に反する苦役』に当たるから憲法違反で、できない」と説明してきましたが、それで一体誰が自衛官になるのですか。世界を見渡しても、徴兵が憲法違反などという国はありません。ドイツは数年前に志願兵制に移行しましたが、基本法(憲法)上は兵役の義務を残しているのです。

 火箱 皆、そういう思いは持っていますが、70年間ずっと動かなかったものを、まずは一歩進めて自衛隊を憲法に明記していただかなければ、これから自衛官になる若い人に対しても申し訳ないと思います。

 中谷 陸上自衛隊は前身の警察予備隊の時代から諸先輩が国民の信頼を得るべく黙々と努力してきました。今回の「日報」をめぐる事件は残念なことでしたが、ここは原点に立ち戻って、誠実に、愚直に任務に励んでいただき、国民の信頼を得られる組織になってもらうことを願っています。

 柿谷勲夫氏 昭和13年、石川県生まれ。防衛大学校卒業と同時に陸上自衛隊入隊。大阪大学大学院修士課程(精密機械学)修了。陸上自衛隊幹部学校戦略教官、陸上幕僚監部教育訓練部教範・教養班長、防衛大学校教授などを歴任し、平成5年に退官。元陸将補。著書に『徴兵制が日本を救う』『自衛隊が国軍になる日』。

 中谷元氏 昭和32年、高知県生まれ。防衛大学校卒業。陸上自衛隊でレンジャー教官を担当し、59年に二等陸尉で退官。国会議員秘書を経て、平成2年に衆議院議員に初当選し、現在9期目。防衛庁長官、自民党安全保障調査会長、党政調会長代理、防衛大臣などを歴任した。自民党憲法改正推進本部長代理。

 火箱芳文氏 昭和26年、福岡県生まれ。防衛大学校卒業。陸上自衛隊に入隊し、第10師団長、防衛大学校幹事、中部方面総監などを歴任し、平成21年に陸上幕僚長。東日本大震災の発生当時、陸上幕僚長として初期対応に当たった。23年に退官。著書に『即動必遂』。

 ※この記事は、月刊「正論10月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

         ■10月号 主なメニュー■

【日本は北朝鮮と戦わないのか】

★大放談 作家 百田尚樹×麗澤大学教授 八木秀次  世界の病巣は北朝鮮、日本の病巣は大マスコミ

★統合幕僚長 河野克俊インタビュー 我が国を守り抜く覚悟

★アメリカが攻撃しない理由など初めからない 元自衛艦隊司令官 香田洋二

★日本中にトマホークを敷き詰めろ  国際政治学者 藤井厳喜

★アメリカ頼りでいいはずがない  日本安全保障戦略研究所上席研究員 用田和仁

★陸自OB座談会 自衛隊 隠しきれない真実 元防衛相・衆議院議員 中谷元 × 軍事評論家 柿谷勲夫 × 元陸上幕僚長 火箱芳文

   × × ×

★半井小絵が語る 拉致被害者の痛みと9条への疑問

   × × ×

★弁護士 北村晴男が憲法改正を語る

★天皇の元首明記なくして9条改正はなし  元宮内庁侍医 永井良樹

★日本ファーストの会代表 若狭勝が独白! 保守2大政党政治を目指す

★フジテレビ「ユアタイム」で人気沸騰 モーリー・ロバートソンが語る! 朝日新聞が独裁者を生む日

★シリーズ日本虚人列伝「オノ・ヨーコ」 なぜジョン・レノンは平和を歌ったか  音楽評論家 杉原志啓

★日本人の首をバッサリ/慰安婦を針のムシロに…韓国映画「軍艦島」の驚くべき反日ぶりジャーナリスト 黒田勝弘

★グローバルスタンダードとしての「武士道」《講演詳報》  ジョージタウン大学教授・麗澤大学客員教授 ケヴィン・M・ドーク

★小池晃と過ごした共産党駿台予備校支部の日々  元日本共産党員 篠原常一郎

★おごっていたのは安倍首相ではなく前川喜平だった  嘉悦大学教授 高橋洋一

★人造人間キカイダーが人工知能を語る  俳優 伴大介

★《対談》戦う自衛隊 ゴジラで撮りたかった  映画監督 手塚昌明 × ジャーナリスト 井上和彦 

   × × ×

【特集】 傲る中国

★習近平派、江沢民派、共青団派の仁義なき利権争奪戦  評論家 宮崎正弘

★香港にも慰安婦像が建っている理由  NPO法人代表 石井英俊

★尖閣 緊迫! シミュレーション人民解放軍が上陸  元海上自衛官 中村秀樹

 ※この記事は、月刊「正論10月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

このニュースの写真

  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?
  • 陸自OB座談会 自衛隊・隠しきれない真実 なぜ自民党は「国防軍」の旗を降ろすのか?

「ニュース」のランキング