産経ニュース

望月衣塑子記者めぐる米山隆一新潟知事会見要旨 「排外主義的」批判に反論「それは差別では全くない」

ニュース 政治

記事詳細

更新


望月衣塑子記者めぐる米山隆一新潟知事会見要旨 「排外主義的」批判に反論「それは差別では全くない」

新潟県の米山隆一知事=11日午後、同県庁 新潟県の米山隆一知事=11日午後、同県庁

 私が言うことによって、県に対する影響もありますし、いろいろそれは考えさせていただきますが、ここにいらっしゃる皆さんはメディアとして自由、民主主義というものを保つ、崇高な使命を担っていると思う。第3の権力であっていいと思う。そこはちゃんとやっていただきたい」

 --産経新聞について触れたが、知事はどの部分についてどういう指摘をしているのか

 「御社(産経新聞)は立派なメディアですから、事実しか書いていないと思う。でも、まずは『醜悪だ』と言った。そこで私がいきなりひどいことを言ったという風にみえるような書き方ですね。これに対して石平氏は『差別だ』と。そして批判が殺到したと。そして私がひどいことを言って差別したといって批判した。でも事実だといわれないと困るからでしょうけども、最後の方で、なおこれは石平氏の望月氏に対する批判に対するものだと。事実は事実ですから、そこを含めて報道の自由ですから、それに私がとやかくいうつもりはないが、逆に私は許容しますけれども、しかし普段、産経新聞さんは、きわめてご熱心に『報道というものは公平、中立、公正でなければいけない』とキャンペーンまで張られている。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング