産経ニュース

民進・笠浩史、後藤祐一両氏が離党届を提出

ニュース 政治

記事詳細

更新


民進・笠浩史、後藤祐一両氏が離党届を提出

民進党本部に離党届を提出し、取材に応じる後藤祐一氏(左)と笠浩史氏=15日午後、東京・永田町(松本健吾撮影) 民進党本部に離党届を提出し、取材に応じる後藤祐一氏(左)と笠浩史氏=15日午後、東京・永田町(松本健吾撮影)

 民進党の笠浩史(52)=衆院神奈川9区=、後藤祐一(48)=同16区=の両衆院議員は15日昼、党本部で大島敦幹事長と面会し、離党届を提出した。両氏は8月に離党した細野豪志元環境相が結成した党内グループ「自誓会」のメンバーで、今後細野氏とともに新党結成を目指すとみられる。

 両氏は提出後、記者団に、民進党執行部が共産党との選挙協力に含みを持たせることを離党の理由にあげた。笠氏は「共産党との連携はあり得ない」、後藤氏は「保守中道でないと政権は取れない」と述べた。

 「自誓会」では、鈴木義弘衆院議員(54)=比例北関東=も13日に離党届を提出している。細野氏は、今回党を去る決断をした計3氏を束ね、小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員らと、新党に関する協議を重ねる考えだ。

「ニュース」のランキング