産経ニュース

【北ミサイル発射】菅義偉官房長官記者会見会見要旨「北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議した」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北ミサイル発射】
菅義偉官房長官記者会見会見要旨「北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議した」

北朝鮮がミサイルを発射したことを受けて会見する菅義偉官房長官=15日午前、首相官邸(松本健吾撮影) 北朝鮮がミサイルを発射したことを受けて会見する菅義偉官房長官=15日午前、首相官邸(松本健吾撮影)

 菅義偉官房長官は15日午前、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて2度目の記者会見を行った。要旨は次の通り。

     

 襟裳岬の東約2200キロの太平洋上に落下し、飛翔(ひしょう)距離は約3700キロ、最高高度は約800キロと推定される。ロフテッド軌道などの特異な高度ではなかった。ミサイルの種類などを分析中だ。

 北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に厳重に抗議した。国連安全保障理事会の緊急会合を要請すべく、米韓両国と連携している。国家安全保障会議(NSC)関係閣僚会合で、首相の指示を確認し、安保理のさらなる対応を含め、断固たる措置を取ることを確認した。

 ミサイル発射の意図、目的を分析しながら、米韓両国、中国、ロシアも含め、さまざまな対応を考えたい。

関連トピックス

「ニュース」のランキング