産経ニュース

【衆院新潟5区補選】泉田裕彦前知事の擁立決定 自民支部

ニュース 政治

記事詳細

更新

【衆院新潟5区補選】
泉田裕彦前知事の擁立決定 自民支部

泉田裕彦氏 泉田裕彦氏

 自民党の長島忠美元復興副大臣の死去に伴う衆院新潟5区補欠選挙(10月10日告示、22日投開票)に向け、同党の地元支部は13日、同県長岡市で候補者の選考委員会を開き、前新潟県知事の泉田裕彦氏(54)の擁立を決めた。今後、党県連で協議し、正式決定すれば党本部に公認を申請する。

 泉田氏は8日に出馬要請に応じる考えを党支部側に伝えたが、泉田氏が選挙区外の同県加茂市出身であることなどに反発し、地元の県議3人が出馬する考えを表明。一本化に向けた調整が続いていた。

 泉田氏は経済産業省の元官僚で、平成16年の県知事選で自民、公明両党の推薦を受けて初当選。昨秋の退任まで3期12年務めた。

 5区補選では民進、自由、社民各党と連合新潟が統一候補の擁立で合意し、共産党が新人を公認しているほか、幸福実現党が新人の擁立を決めている。

「ニュース」のランキング