産経ニュース

【憲法改正】自民党が1カ月ぶりに改憲論議を再開 10月にも9条改正のたたき台を党内に提示へ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【憲法改正】
自民党が1カ月ぶりに改憲論議を再開 10月にも9条改正のたたき台を党内に提示へ

憲法改正推進本部の会合であいさつする保岡興治本部長(中央)。奥左から顧問の二階俊博幹事長、高村正彦副総裁。奥右から中谷元本部長代理、船田元本部長代行=12日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影) 憲法改正推進本部の会合であいさつする保岡興治本部長(中央)。奥左から顧問の二階俊博幹事長、高村正彦副総裁。奥右から中谷元本部長代理、船田元本部長代行=12日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

 自民党は12日、憲法改正推進本部の全体会合を約1カ月ぶりに党本部で再開した。憲法9条改正をめぐる議論は2巡目に入り、保岡興治本部長は「自衛隊を憲法に明記する条文のイメージを示さないと議論は先に進まない」と述べ、次に9条改正を議論する際、党改憲案のたたき台を示す考えを表明した。10月22日投開票の衆院3補欠選挙までに示すとみられる。

 会合は先の党役員人事後初めてで、二階俊博幹事長や岸田文雄政調会長が出席した。憲法9条1、2項を維持した上で、自衛隊の存在を明記する安倍晋三首相(党総裁)の改憲案をめぐり意見が割れた。佐藤正久外務副大臣は「自衛隊が憲法違反と言われないようにすべきだ」と首相の改憲案に賛同した。

続きを読む

「ニュース」のランキング