産経ニュース

【山尾志桜里氏ぶらさがり全文】「弁護士は政策ブレーン」「男女の関係ない」 謝罪も質疑に応じず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【山尾志桜里氏ぶらさがり全文】
「弁護士は政策ブレーン」「男女の関係ない」 謝罪も質疑に応じず

民進党を離党することを表明する山尾志桜里氏=7日午後、国会内(福島範和撮影)  民進党を離党することを表明する山尾志桜里氏=7日午後、国会内(福島範和撮影) 

 週刊文春の不倫疑惑報道を受け、民進党に離党届を提出した山尾志桜里元政調会長(43)は7日夜、国会内で記者団に対し「本当に申し訳ありません」と繰り返し謝罪の言葉を述べた。報じられた既婚者の男性弁護士について「政策ブレーン」だとし、打ち合わせなどのために自宅などを訪れたことを認めたが、「男女の関係はない」と断言した。報じられたホテルでの宿泊も「1人だった」と強調した。一方で「ご迷惑をおかけすることになる」として離党を決断したと説明した。山尾氏は用意した原稿を読み上げただけで、記者団の質疑には応じなかった。山尾氏のぶら下がり全文は以下の通り。

 ただいま、離党届を大島(敦)幹事長に提出させていただきました。今回の報道について皆さまにお話しさせていただきます。本日発売の週刊誌報道に端を発し、国民の皆さま、大事な(衆院)愛知7区地元有権者の皆さま、ともに闘ってきた同志でもある子育てに奮闘するお母さんをはじめ応援いただいてきた皆さま、同僚議員、自治体議員、歯を食いしばって頑張っている総支部長、民進党の党員・サポーターの皆さまに、大変なご迷惑をおかけする事態になってしまいました。本当に申し訳ありませんでした。今回の事態を受けまして、先ほど離党届を幹事長に提出してまいりました。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「弁護士は政策ブレーン」「男女の関係ない」 謝罪も質疑に応じず
  • 「弁護士は政策ブレーン」「男女の関係ない」 謝罪も質疑に応じず
  • 「弁護士は政策ブレーン」「男女の関係ない」 謝罪も質疑に応じず
  • 「弁護士は政策ブレーン」「男女の関係ない」 謝罪も質疑に応じず

関連ニュース

「ニュース」のランキング