産経ニュース

【民進党代表選】憲法改正論議めぐり 枝野幸男氏「安保法制で憲法違反部分を消さなければ議論の余地なし」 前原誠司氏「しっかり憲法議論は行う」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【民進党代表選】
憲法改正論議めぐり 枝野幸男氏「安保法制で憲法違反部分を消さなければ議論の余地なし」 前原誠司氏「しっかり憲法議論は行う」

前原誠司氏(左)と枝野幸男氏 前原誠司氏(左)と枝野幸男氏

 民進党の枝野幸男元官房長官は21日午後の代表選共同記者会見で、憲法9条を改正し、自衛隊の存在を明記するとの安倍晋三首相の提案をめぐり、平成27年に成立した安全保障関連法と憲法の解釈変更が立憲主義を破壊しているとして「いま9条(改正)に手を付ければそれを事後的に認めることになる。安保法制で憲法違反の部分を消さなければ、9条について議論の余地はない」と述べた。

 前原誠司元外相は「安倍政権のもとでの憲法改正に反対というのでは、国民の理解を得られない。野党第一党として、政権を目指す政党として、しっかり憲法の議論は行っていく」と述べた。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング