産経ニュース

【沖縄が危ない!】憲法改正や加計学園で「反安倍政権」の金太郎飴 全国に広がる「同調圧力」「沖縄メディア化」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【沖縄が危ない!】
憲法改正や加計学園で「反安倍政権」の金太郎飴 全国に広がる「同調圧力」「沖縄メディア化」

那覇空港からスクランブル発進する航空自衛隊のF15戦闘機。沖縄は狙われている 那覇空港からスクランブル発進する航空自衛隊のF15戦闘機。沖縄は狙われている

 反基地感情が強い沖縄の土地柄を語る際、よく使われるのが「同調圧力」という言葉だ。県民が内心、「沖縄を守るには、ある程度の基地が必要」と思うことがあっても、地域、職場、家庭などでの立場上、口にできない雰囲気がある。私の経験上、「同調圧力」が最も強いのは沖縄メディアの内部であり、特に駆け出しの記者は、徹底的に反基地イデオロギーの洗礼を受ける。(夕刊フジ)

 十数年前、石垣島に海上自衛隊の艦船が休養のため寄港した。当時の石垣市長はガリガリの反自衛隊で、島全体が冷たい雰囲気だったが、港に集まった記者たちも、のっけからけんか腰だった。

 新人だった私がどう記事を書くか迷っていると、他社の先輩が「こう書けばいいよ」と、過去に自衛艦が寄港した際の新聞記事を渡してくれた。「武装した軍艦が平和な島に乱入し、住民を不安に陥れている」というような内容だ。親切な先輩には現在でも感謝しているが、沖縄の記者たちは、このように現場で「成長」していく。

 そのころ学校の平和教育で、戦争の悲惨さを強調するだけの授業に疑問を感じた私は「他国の脅威についても教えるべきだ」と指摘する短いコラムを書いた。

 すると上司は「戦争体験者たちの心を傷つける気か」と頭ごなしに怒鳴りつけ、原稿はボツ。当時、「中国が尖閣諸島を奪いに来る」などと口にしようものなら極右扱いされた。

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング