産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲移転基本方針「AI、人工知能、つまり私が決めた」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲移転基本方針「AI、人工知能、つまり私が決めた」

定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=10日午後、都庁(松本健吾撮影) 定例会見に臨む、東京都の小池百合子知事=10日午後、都庁(松本健吾撮影)

 「まず、8月15日でございますけれども、私は昨年の予定と同じでございまして、東京都の終戦の記念の式典がございます。そちらの方に参加をすることを予定をいたしております。そして、2つ目のご質問でございますけれども、情報というか、文書が不存在であると、それはAIだからです。私があちこち、それぞれ外部の顧問から、それからこれまでの市場のあり方戦略本部、専門家会議、いろいろと考え方を聞いてまいりました。いくら金目がかかるかということについては、関係局長が集まった会議で、既にA案、B案、C案、D案と各種の数字が出てきております。よって、試算については既に公表されているものがあります。最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということでございます。回想録に残すことはできるかと思っておりますが、その最後の決定ということについては、文章としては残しておりません『政策判断』という、一言で言えばそういうことでございます」

 --補正予算の中には、豊洲市場の追加対策の部分が大きな数字を占める。一方で、安全、安心に関しては、知事はこれまで、過去に都議会が決議した付帯決議にこだわりを持っていた。今回の臨時議会で付帯決議を外す議論を今回の臨時議会で求めるのか。それとも、それは9月予定の三定以降の議論になるのか

続きを読む

このニュースの写真

  • 豊洲移転基本方針「AI、人工知能、つまり私が決めた」
  • 豊洲移転基本方針「AI、人工知能、つまり私が決めた」

関連トピックス

「ニュース」のランキング