産経ニュース

北海道で陸自と米海兵隊の共同訓練開始 オスプレイ参加、初日は見送り

ニュース 政治

記事詳細

更新


北海道で陸自と米海兵隊の共同訓練開始 オスプレイ参加、初日は見送り

日米共同訓練の開始式で、敬礼をする陸上自衛隊の竹本竜司陸将補(右)と海兵隊のトーマス・ワィドリー准将=10日午後、北海道大演習場(杉浦美香撮影) 日米共同訓練の開始式で、敬礼をする陸上自衛隊の竹本竜司陸将補(右)と海兵隊のトーマス・ワィドリー准将=10日午後、北海道大演習場(杉浦美香撮影)

 日本の陸上自衛隊と米海兵隊の共同訓練「ノーザンヴァイパー」が10日、北海道で始まった。参加者は日米会わせ3300人と最大規模。当初は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新型輸送機オスプレイ6機が参加の予定だったが、オーストラリア沖で起きた墜落事故を受け初日は見送られた。オスプレイが参加するかどうか訓練中も米側と調整を続けるという。

 北海道大演習場(恵庭、千歳市など)で10日夕、日本側250人、米側200人が整列するなか、訓練開始式が行われた。

 陸自第11旅団長の竹本竜司陸将補はオスプレイの事故で亡くなった海兵隊員3人に哀悼の意を示した。その上で「わが国の安全環境が厳しさを増す中、日米の絆の深さを内外に示すことは意義がある」と強調、「安全管理を徹底したい」と訓示した。

 海兵隊・第1海兵航空団司令官のトーマス・ワイドリー准将は「日本とわれわれの絆の強さを確認する。互いの部隊の即応性を維持、向上し学びあいたい」と述べた。訓練は28日まで。

 当初、オスプレイ6機が米軍三沢基地(青森県三沢市)に展開し北海道に飛来、日米共同訓練では初の夜間飛行も検討していた。しかし、オーストラリアの事故を受け、日本政府はオスプレイの訓練参加の自粛を要請、道や周辺の自治体も反対していた。このため、当初予定していた会見なども「日米の合意がつかなかった」(北部方面総監部)としてキャンセルになった。

このニュースの写真

  • 北海道で陸自と米海兵隊の共同訓練開始 オスプレイ参加、初日は見送り
  • 北海道で陸自と米海兵隊の共同訓練開始 オスプレイ参加、初日は見送り
  • 北海道で陸自と米海兵隊の共同訓練開始 オスプレイ参加、初日は見送り
  • 北海道で陸自と米海兵隊の共同訓練開始 オスプレイ参加、初日は見送り
  • 北海道で陸自と米海兵隊の共同訓練開始 オスプレイ参加、初日は見送り
  • 北海道で陸自と米海兵隊の共同訓練開始 オスプレイ参加、初日は見送り

「ニュース」のランキング