産経ニュース

【内閣改造】江崎鉄磨沖縄北方相「不用意な発言で軽率だった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【内閣改造】
江崎鉄磨沖縄北方相「不用意な発言で軽率だった」

閣議に臨む江崎鉄磨沖縄北方担当相=7日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 閣議に臨む江崎鉄磨沖縄北方担当相=7日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 内閣改造で初入閣した江崎鉄磨沖縄北方担当相が国会答弁で誤った発言をしないように「役所の原稿を朗読する」と発言した件について、江崎氏は7日、「不用意な発言で軽率だった」と述べ、不適切な発言だったとの認識を明らかにした。内閣府で記者団に語った。

 江崎氏は発言の意図を「原稿にしっかり目を通し、加えるところは加え、省くところは省きながら、参考にするという意味だった」と釈明した。国会軽視との批判には「(軽視は)一切していない」と語り、辞職はせず、引き続き職務に当たる考えを示した。

 江崎氏は6日に菅義偉官房長官に電話で発言に関し報告し、菅長官からは「これからは立場が立場なので、十分気をつけるように」と注意されたという。

 江崎氏は5日の地元・愛知県一宮市の事務所で開かれた支援者らによる就任祝賀会合後、記者団に「しっかりお役所の原稿を読む。立ち往生より、答弁書の朗読かな」などと話していた。

「ニュース」のランキング