産経ニュース

【3×3安倍内閣】劣化する自民党 「1強」にあぐらをかき手練手管失う 「魔の2回生」は相変わらず…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【3×3安倍内閣】
劣化する自民党 「1強」にあぐらをかき手練手管失う 「魔の2回生」は相変わらず…

新体制で行われた3日の自民党役員会。各派閥の思惑が複雑に交錯する=東京・永田町の党本部(福島範和撮影)  新体制で行われた3日の自民党役員会。各派閥の思惑が複雑に交錯する=東京・永田町の党本部(福島範和撮影) 

 「俺があいつの下か。参ったな…」

 3日の内閣改造・自民党役員人事を受け、幹事長の二階俊博側近の党幹事長代理、林幹雄は周囲にこうボヤいた。

 「あいつ」とは、幹事長に次ぐ地位の幹事長代行に就いた萩生田光一を指す。林は衆院当選8回で70歳、経済産業相や国家公安委員長などを歴任したベテランだ。対する萩生田は当選4回53歳。閣僚経験もない。

 なぜこのような逆転現象が起きたのか。

 幹事長代行は、野党時代の平成23年に新設されたポストだ。24年9月に安倍晋三が総裁に就任すると、幹事長に就いた石破茂の「お目付け役」として菅義偉を配し、その後も自らの出身派閥である清和政策研究会(細田派)の細田博之、下村博文という側近を登用した。萩生田も安倍の最側近で細田派に所属している。

 加えて安倍は、選対委員長も古屋圭司に代えて、細田派の塩谷立を起用した。来年暮れの衆院任期満了を見据え、臨戦態勢を敷いたといえる。

 これでは二階も面白くない。即座に選対委員長代理を新設し、腹心である林に兼務させた。党運営や解散戦略をめぐる二階、細田両派のさや当てはやがて先鋭化する可能性がある。

 × × × 

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング