産経ニュース

【3×3安倍内閣】改造の主眼は来年秋の総裁選にあった…「ポスト安倍」を懐柔し、真綿でじわりと絞める 目算狂った目玉人事も…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【3×3安倍内閣】
改造の主眼は来年秋の総裁選にあった…「ポスト安倍」を懐柔し、真綿でじわりと絞める 目算狂った目玉人事も…

閣議に臨む安倍晋三首相(右)と茂木敏充経済再生担当相=4日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 閣議に臨む安倍晋三首相(右)と茂木敏充経済再生担当相=4日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 だが、安倍は言質を与えなかった。岸田の外相留任にこだわったこともあるが、支持率回復には外交より経済政策の方が効果が大きいと考えていたからだ。その司令塔となる経済再生担当相の適任者は茂木しかいなかった。

 加えて経済再生担当相ならば、内閣と一蓮托生(いちれんたくしょう)となり、生殺与奪の権を握ることができる。茂木の経済再生担当相起用は今回の改造の目玉だが、政局的な意味合いも大きい。

   × × ×

 内閣支持率急落の中での改造だけに、安倍の思い通りにいかぬことも少なくなかった。

 最大の痛手は元衆院議長の伊吹文明に文科相就任を固辞されたことだ。前文科事務次官の前川喜平の反乱で痛手を受けた。反乱軍鎮圧に「謀略公家」の異名を持つ伊吹ほどの適任者はいないだけに目算は狂った。

 小泉進次郎にも菅義偉らを通じて入閣を打診したが、断られた。背後に元首相の小泉純一郎がいたのは間違いない。何とか筆頭副幹事長につけたが、発信力があるだけに将来の台風の目になりかねない。野田聖子にも土壇場でゴネられ、五輪相から総務相にポスト替えを余儀なくされた。

続きを読む

「ニュース」のランキング