産経ニュース

【3×3安倍内閣】改造の主眼は来年秋の総裁選にあった…「ポスト安倍」を懐柔し、真綿でじわりと絞める 目算狂った目玉人事も…

ニュース 政治

記事詳細

更新

【3×3安倍内閣】
改造の主眼は来年秋の総裁選にあった…「ポスト安倍」を懐柔し、真綿でじわりと絞める 目算狂った目玉人事も…

閣議に臨む安倍晋三首相(右)と茂木敏充経済再生担当相=4日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 閣議に臨む安倍晋三首相(右)と茂木敏充経済再生担当相=4日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 「これは腹をくくってやるしかないね…」

 首相、安倍晋三が、内閣改造・自民党役員人事を決断したのは、内閣支持率下落により東京都議選の自民党敗北が濃厚となった6月下旬だった。

 内閣改造の要諦は2つ。内閣支持率をいかに回復させるか。もう1つは来年9月の総裁選3選にどう筋道をつけるか-だった。

 森友、加計両学園問題を通じた安倍批判の根底にあったのは「身内びいき」と「権力の驕(おご)り」だった。「驕り」は安倍自らが低姿勢で説明責任を果たすしかない。内閣改造では「身内びいき」を払拭することが何より重要だった。

 安倍の師である元首相、森喜朗は人づてにこうアドバイスした。

 「こういう苦しいときの人事では、嫌いな人や縁遠い人ほど近くに置くことが大事なんだ。そうすれば縁遠い人の周辺にいる、もっと縁遠い人たちも仲間に取り込めるじゃないか」

 結局、安倍は断腸の思いで、信頼する官房副長官の萩生田光一や総務相の高市早苗らを閣外に追いやり、外相に河野太郎、総務相に野田聖子を起用した。純粋な身内で閣内に残ったのは、対露外交を手掛ける経済産業相の世耕弘成と、特命で重要政策を手掛けてきた加藤勝信だけとなった。

   × × ×

続きを読む

「ニュース」のランキング