産経ニュース

【内閣改造】安倍晋三首相に「女難の相」あり!? 秘蔵っ子に「このハゲ~~」、スピード不倫…「女性が輝く社会」はどこへ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【内閣改造】
安倍晋三首相に「女難の相」あり!? 秘蔵っ子に「このハゲ~~」、スピード不倫…「女性が輝く社会」はどこへ

豊田真由子氏(斎藤良雄撮影) 豊田真由子氏(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相に「女難の相」がささやかれている。「女性が輝く社会」を掲げ、女性の積極登用を実践してきたが、女性閣僚や自民党女性議員は輝くどころか、政権の足を引っ張ってばかりだからだ。内閣改造・自民党役員人事を3日に控え、女性閣僚を起用するか否かは首相にとって頭痛の種となっている。

 首相の「女難」は今年に入って顕著だった。その筆頭は首相の「秘蔵っ子」である稲田朋美前防衛相だといえる。

 先の内閣改造で防衛相に抜擢したが、野党の格好のターゲットとなり国会は紛糾した。2月に南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題が浮上すると逆風はますます強まり、そのファッションまでも批判の対象となった。決定打は7月2日の東京都議選応援での「自衛隊としてよろしく」発言。都議選での自民党の歴史的大敗の一因となり、日報問題の再燃により、7月28日についに辞任に追い込まれた。

 稲田氏以上に破壊力があったのは、2回生の豊田真由子衆院議員だ。豊田氏が元政策秘書に対する「このハゲ~~」などの罵声や奇妙な替え歌の録音は都議選中に繰り返し、テレビのワイドショーなどで大きく取り上げられた。

 豊田、稲田両氏の騒動が落ち着きつつある矢先に今度はダンスボーカルグループ「SPEED」のメンバーで今井絵理子参院議員=比例代表=と神戸市議の不倫報道が出た。今井氏は「一線は越えていません」という釈明はさまざまな憶測を呼んだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相に「女難の相」あり!? 秘蔵っ子に「このハゲ~~」、スピード不倫…「女性が輝く社会」はどこへ

「ニュース」のランキング