産経ニュース

【北ミサイル】安倍晋三首相、ICBM発射に危機感「北朝鮮の脅威が増したことが現実のものとなった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北ミサイル】
安倍晋三首相、ICBM発射に危機感「北朝鮮の脅威が増したことが現実のものとなった」

質問に答える安倍首相=29日、首相官邸 質問に答える安倍首相=29日、首相官邸

 安倍晋三首相は29日、北朝鮮が28日深夜に弾道ミサイルを発射したことを受け、首相官邸で記者団に対し「(北朝鮮の)大陸間弾道ミサイル(ICBM)級の発射は日米双方にとって北朝鮮の脅威が増したことが現実のものとなったことを明確に示すものだ」と述べ、危機感を示した。政府は引き続き米国や韓国、国際社会と緊密に連携し、対北圧力を強化する構えだ。ただ、北朝鮮の挑発行為を阻止する有効手段を持ち合わせておらず、手詰まり感は強まっている。

 日本政府は29日未明に続き、午後も国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を開催、情報分析とともに対応について協議した。菅義偉官房長官は午後の臨時記者会見で「わが国はただちに関係国と緊密な連携を図っている」と述べ、危機管理に万全の態勢を取っていることを強調した。

 岸田文雄外相兼防衛相は同日、米韓両外相と相次いで電話会談した。ティラーソン米国務長官との会談では「北朝鮮に最大限の圧力をかけていく必要がある」との認識で一致した。

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相との会談では岸田氏が「北朝鮮とは対話のための対話では意味がなく、今は圧力が必要だ」と重ねて伝えた。その上で両外相は、北朝鮮問題の対応には「日韓間の協力が極めて重要」であることを確認した。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「ニュース」のランキング