産経ニュース

「取り組み遅すぎる」豊洲移転で業界団体から不満相次ぐ

ニュース 政治

記事詳細

更新


「取り組み遅すぎる」豊洲移転で業界団体から不満相次ぐ

豊洲市場 奥が水産仲卸売場棟、手前が水産卸売場棟=2月17日、東京都江東区(本社チャーターヘリから、桐原正道撮影) 豊洲市場 奥が水産仲卸売場棟、手前が水産卸売場棟=2月17日、東京都江東区(本社チャーターヘリから、桐原正道撮影)

 築地市場から豊洲市場への移転に向けて、都と業界団体で協議する「新市場建設協議会」が28日、築地市場内で開かれた。小池百合子知事が豊洲移転・築地再開発の基本方針を公表してから1カ月以上経過してからの開催に、業界団体側から「取り組みが遅すぎる」など不満の声が相次いだ。

 都は小池氏の基本方針の発表後、幹部会議で豊洲移転・築地再開発の考え方を検討してきたため、協議会開催に時間がかかったと釈明。移転方針や今後の検討の進め方を説明した。

 築地市場協会の伊藤裕康会長は「どういう市場を目指すのか、さっぱり見えてこない」と発言。豊洲市場の具体像を早急に検討するよう求めた。

 築地東京青果物商業協同組合の泉未紀夫理事長は、小池氏が基本方針発表後に「(豊洲市場の風評被害を)先頭に立って払拭する」と発言したことに関して「早めに進めていただきたい」と注文した。

「ニュース」のランキング