産経ニュース

【稲田朋美防衛相辞任】安倍晋三首相、監督責任認め「心からおわびしたい」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【稲田朋美防衛相辞任】
安倍晋三首相、監督責任認め「心からおわびしたい」

稲田朋美防衛相の辞表を受理し、会見する安倍晋三首相=28日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 稲田朋美防衛相の辞表を受理し、会見する安倍晋三首相=28日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は28日午前、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題に関する特別防衛監察の結果公表を受け、稲田朋美防衛相が監督責任を取って辞任したことについて「国民のみなさまに心からおわびを申し上げたい」と謝罪した。首相官邸で記者団に語った。

 安倍首相は「(稲田氏から)防衛省のトップとして監督責任を取りたい、けじめをつけたいとの強い申し出があった。大臣の意思を尊重し、辞表を受理することとした」と説明。その上で「閣僚の任命責任はすべて総理大臣たる私にある。国民のみなさまの閣僚に対する厳しいご批判については私自身、真摯(しんし)に受け止めなければならないと思っている」との認識を示した。

 稲田氏の辞任を受け、防衛相は8月3日に予定される内閣改造までの間、岸田文雄外相に兼務させる。

 一方、菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で、稲田氏辞任に対し「極めて残念だ」と述べた。

 また、日報問題には「今後、同様事案が発生しないように、抜本的な対策を講じて国民の皆さんの信頼を回復することができる、すべてをやることが大事だ」と強調した。

「ニュース」のランキング