産経ニュース

【秋田県豪雨】佐竹敬久知事が虚偽説明、自身の責任「慎重に考えたい」 「ゴルフに県OB同行」実は現職部長だった 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【秋田県豪雨】
佐竹敬久知事が虚偽説明、自身の責任「慎重に考えたい」 「ゴルフに県OB同行」実は現職部長だった 

「虚偽があったことは認める」と謝罪する秋田県の佐竹敬久知事=26日、県庁 「虚偽があったことは認める」と謝罪する秋田県の佐竹敬久知事=26日、県庁

 秋田県が記録的大雨に遭った際、宮城県にゴルフに出掛けていた佐竹敬久知事は26日、臨時の記者会見を開き、県の水沢聡・産業労働部長と草●(=弓へんに剪)作博・観光文化スポーツ部長が同行していたと明らかにした。知事はこれまで「県庁OBら友人と出かけた」としており、虚偽の説明をしたことになる。

 佐竹知事によると、22日午前7時ごろ、知事公舎前に知事と部長2人、県OBの計7人が集まり、車2台に分乗して1泊2日の予定で宮城県内のゴルフ場へ向かった。ゴルフは佐竹知事が呼びかけたもので、一行は同日夕から飲酒した。翌23日早朝に車で県庁に向かったが、交通渋滞で午前11時の大雨に関する関係機関との連絡会議に間に合わず、到着は終了後の午後1時ごろだった。

 大雨にもかかわらず佐竹知事がゴルフに向かったのは「昨年来、ほとんど休みがなく自分の時間が欲しかった」としている。佐竹知事と部長2人の携帯電話には、22日から豪雨被害の状況と避難指示や勧告に関するメールが頻繁に入っていた。佐竹知事は「その段階で(帰るという)行動に移らなかったのは私のミス。軽率で深く悔いている。県民の信頼を損ない心からおわびする」と謝罪した。

 2部長の同行を明らかにしなかった点については「ある意味、嘘をついた。かばったととらえられても仕方がない」と認め、今後の自身の責任の取り方については「慎重に考えたい」と話した。

このニュースの写真

  • 佐竹敬久知事が虚偽説明、自身の責任「慎重に考えたい」 「ゴルフに県OB同行」実は現職部長だった 
  • 佐竹敬久知事が虚偽説明、自身の責任「慎重に考えたい」 「ゴルフに県OB同行」実は現職部長だった 

「ニュース」のランキング