産経ニュース

【閉会中審査・詳報(1)】安倍晋三首相「疑念の目が向けられるのはもっとも。足らざる部分あった」 加計学園問題をめぐり、指示は改めて否定

ニュース 政治

記事詳細

更新

【閉会中審査・詳報(1)】
安倍晋三首相「疑念の目が向けられるのはもっとも。足らざる部分あった」 加計学園問題をめぐり、指示は改めて否定

衆院予算委員会の集中審議で、小野寺五典元防衛相の質問に答弁する安倍晋三首相=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影) 衆院予算委員会の集中審議で、小野寺五典元防衛相の質問に答弁する安倍晋三首相=24日午前、国会・衆院第1委員室(斎藤良雄撮影)

 衆院予算委員会は24日、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、安倍晋三首相らが出席して閉会中審査を実施した。参考人として出席した文部科学省の前川喜平前事務次官は、首相官邸や内閣府から加計学園と名指しした上での指示はなく、自ら「加計学園のことだろうという認識」に至ったことを明らかにした。前川氏自らが「加計ありき」と判断し、文科省の動きを主導していたことが浮き彫りとなった。自民党の小野寺五典元防衛相の質問に答えた。質疑の詳細は次の通り。

 

 小野寺氏「愛媛県今治市の獣医学部建設をめぐってマスコミでさまざまな疑惑が指摘され、国民が大きな疑念をもって安倍政権を見つめている。今日は国民の疑念をまっすぐにぶつける。一つ一つ誠心誠意、答えてほしい。多くの国民が疑念を持っているのは総理と加計孝太郎氏との関係だ。総理は加計さんと長年の友人。結果として加計学園が選ばれた。この背景には総理の意向があり、何らかの便宜を図ったのではないか。総理はこの獣医医学部新設に関し、加計理事長から相談や依頼を受けたことはありますか」

 安倍首相「李下に冠をたださず、という言葉があります。私の友人が関わることでありますから、国民の皆さまから疑念の目が向けられることはもっともなことであります。思い返すと、私のこれまでの答弁において、その観点が欠けていた。足らざる点があったことは率直に認めなくてはならない。常に国民目線にたち、丁寧の上にも丁寧に説明を重ねる努力を続けていきたい。改めてその思いを胸に刻み、この場に立っています。

続きを読む

閉会中審査・詳報のニュース

このニュースの写真

  • 【閉会中審査・詳報(1)】安倍晋三首相「疑念の目が向けられるのはもっとも。足らざる部分あった」 加計学園問題をめぐり、指示は改めて否定

関連トピックス

「ニュース」のランキング