産経ニュース

【横浜市長選】林文子氏リード、2新人追う 市長選情勢 IR「誘致すべきでない」65%

ニュース 政治

記事詳細

更新

【横浜市長選】
林文子氏リード、2新人追う 市長選情勢 IR「誘致すべきでない」65%

 共同通信社は21~23日、任期満了に伴う横浜市長選(30日投開票)で電話調査を実施し、取材結果を加味して情勢を探った。無所属の現職の林文子氏(71)=自民、公明推薦=がリードし、元横浜市議の伊藤大貴氏(39)と元衆院議員の長島一由氏(50)の無所属新人2人が追う展開となっている。

 ただ約4割が投票先を決めておらず、情勢が変化する可能性もある。

 林氏は自民党支持層の7割近く、公明党支持層の半数を固めた。「支持する政党はない」とする無党派層でも他の2人と差をつけた。

 元民進市議の伊藤氏は民進党支持層に浸透しきれていない。共産党の支持層からは3割超の支持を得た。国政時代、旧民主党に所属していた長島氏は民進党支持層で、やや優位に立っている。

 争点の一つとして注目されるカジノを中心とした統合型リゾート施設(IR)の誘致に関しては、「誘致すべきだ」が22・6%、「誘致すべきではない」が65・2%だった。

「ニュース」のランキング