産経ニュース

マイナンバーカードの地域活性化策で仮想通貨技術の活用検討 政府

ニュース 政治

記事詳細

更新


マイナンバーカードの地域活性化策で仮想通貨技術の活用検討 政府

 マイナンバーカードを、民間企業のポイントを合算できるポイントカードとして使う地域経済活性化策で、ポイントの安全管理のため、政府が仮想通貨の基盤となる次世代技術「ブロックチェーン」の導入を検討していることが21日、わかった。利用者の保有ポイント数などの情報を来年度から全国の複数のサーバーで共有し、改竄を防ぐ。

 この施策は、自治体が住民サービスの一環として発行している「自治体ポイント」に、日本航空や全日本空輸、NTTドコモのほか、JCBや三井住友カードなど大手クレジットカード会社を含む12社のポイントを合算できるようにするもの。地方の商店街やインターネットを通した名産品購入に充てられるようにして、“眠っている”ポイントを地域経済の振興に役立てたい考えだ。

 ブロックチェーンは電子的な情報を記録する仕組みで、所有者の移転や決済状況、残高を記録することで、モノとしては存在しない仮想通貨の運営を可能にする。複数のサーバーで情報を分散して保存するため、一部のサーバーがダウンしたり、攻撃を受けたりしても相互チェックによる復旧が可能。記録の消失や改竄に強い。

続きを読む

「ニュース」のランキング