産経ニュース

【野党ウオッチ】都民ファーストがどう転んでも維新になれない3つの理由…「小池新党」と「橋下新党」はこれだけ違った!

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
都民ファーストがどう転んでも維新になれない3つの理由…「小池新党」と「橋下新党」はこれだけ違った!

東京都議選で当選確実となった候補者の名前の上に花を付ける小池百合子都知事=7月2日、東京都新宿区(大西正純撮影) 東京都議選で当選確実となった候補者の名前の上に花を付ける小池百合子都知事=7月2日、東京都新宿区(大西正純撮影)

 結局のところ、都民ファーストの会とは「何となく新しいことをしてくれそうだ」というぼんやりとした期待の受け皿でしかなかったのだと私は理解する。

 統一地方選の投開票後、橋下氏は次のように選挙戦を総括している。

 「大阪都構想は支持されなかった」

 「府議会では支持を受けたが、それでもぎりぎり」

 橋下氏は、大阪市議選で半数に達しなかったことから都構想への賛同が十分でなかったと判断し、選挙結果を「敗北」と断じたわけだ。第一党になったにもかかわらず、である。

 対照的に小池氏は、都議会で半数に届かない状況でも「第一党の座を確保することができた」と喜んだ。無理もない。具体的な「やりたいこと」がないのだから「議席を積み増しさえすれば万々歳」なのである。

 2点目の違いは「人材」だ。

 追加公認を含む都民ファーストの会の都議選当選者55人のうち、現職はわずか11人しかおらず、39人が新人で占められている。しかも、このうち25人は議員経験が全くない。どれだけ多数の勢力を構成しようとも、他会派との折衝もこなせず議案も満足に作成できないようではオモチャの兵隊も同然である。

続きを読む

このニュースの写真

  • 都民ファーストがどう転んでも維新になれない3つの理由…「小池新党」と「橋下新党」はこれだけ違った!
  • 都民ファーストがどう転んでも維新になれない3つの理由…「小池新党」と「橋下新党」はこれだけ違った!
  • 都民ファーストがどう転んでも維新になれない3つの理由…「小池新党」と「橋下新党」はこれだけ違った!
  • 都民ファーストがどう転んでも維新になれない3つの理由…「小池新党」と「橋下新党」はこれだけ違った!
  • 都民ファーストがどう転んでも維新になれない3つの理由…「小池新党」と「橋下新党」はこれだけ違った!

「ニュース」のランキング