産経ニュース

【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(6)】日本国籍取得時の父親の言葉「これで選挙権が得られる」「とても貴いものだ」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【蓮舫氏「二重国籍」会見詳報(6)】
日本国籍取得時の父親の言葉「これで選挙権が得られる」「とても貴いものだ」

記者会見する民進党の蓮舫代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影) 記者会見する民進党の蓮舫代表=18日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影)

 --子供が成人年齢に達していなくても白塗りの形で公表できたと思うが

 「今回、お示しをさせていただいた資料は、ある意味セットだと思っている。選択宣言の日付だけを一部とはいえ公表したら、選択宣言をしても台湾の籍は残っているのではないかという声がきっと出てくると思う。そうなると、台湾の国籍喪失許可証も合わせて出さないと、本当の部分で台湾の国籍を有していないということを、私が言っていることを裏付けることにならないと思う。そういう部分ではセットだと思う。そのセットの中に戸籍の一部が含まれているのであれば、子供が成人年齢に達していないこと、何度も言って恐縮だが、その部分でブレーキがかかっていて、今回になった」

 --この問題は国籍法に違反していたという考えか

 「国籍法上、わが国は二重の重国籍を保有することはできず、それを選択する制度が1985(昭和60)年に導入された。そのときにおいて、その施行された前日までに未成年だった子供は特例措置で3年間、届け出ることによって日本国籍を取得することができる。私はこれを活用して、経過措置、届け出で取得をした」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング