産経ニュース

【日曜講座 少子高齢時代】外国人労働者 東京一極集中の助長要因に 論説委員・河合雅司 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【日曜講座 少子高齢時代】
外国人労働者 東京一極集中の助長要因に 論説委員・河合雅司 

 それは外国人住民にとっても同じことである。政府は永住権の取得要件の緩和を進めているが、永住権取得者が多くなれば、日本国内で働ける場所に移動する人も増えるだろう。

 地方で就職した外国人が家族も含めて東京圏へと移り住む流れができれば、ますます東京一極集中は加速する。

 地域の活性化のために外国人の受け入れを推進したはずが、結果的に東京一極集中が進み、地方のさらなる衰退を招く悪循環が懸念される。

 こうした状況に陥らないためには、東京圏以外での外国人受け入れ計画をしっかりと立てることが求められる。

 すでに働いている外国人がどのような仕事に就いているのか。その仕事は、その地域にあって今後どれぐらいの需要があるのか。

 地域の経済規模を無視し、人口規模を増やさんがために受け入れ拡大をするならば、かえって地域の衰退を早めることとなる。

「ニュース」のランキング