産経ニュース

【野口裕之の軍事情勢】米国に加え中国の斬首作戦に脅える北朝鮮の金正恩氏 ウイスキーにコニャック…倍の酒量でも拭えぬ恐怖

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野口裕之の軍事情勢】
米国に加え中国の斬首作戦に脅える北朝鮮の金正恩氏 ウイスキーにコニャック…倍の酒量でも拭えぬ恐怖

北朝鮮の労働新聞が6月9日掲載した、ミサイル発射実験に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同) 北朝鮮の労働新聞が6月9日掲載した、ミサイル発射実験に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長の写真(共同)

 「同盟などというものは、双方の利害が対立すれば一夜で消える」

 ド・ゴールの名言を紹介したのは、韓国の文在寅政権が描く理想の軍事同盟は韓米同盟ではなく、北朝鮮との「韓朝同盟」や、中国にも呼びかける「韓朝中同盟」ではないかという疑念が淵源であった。

 ド・ゴールが指摘するところの米韓「双方の利害」とは、朝鮮半島情勢に当てはめれば、北朝鮮の核・ミサイル開発の脅威であり、米韓間の経済・金融関係だ。もっとも、韓国を吹き飛ばす核ミサイルは実戦配備済みだが、米国本土に届くICBM(長距離弾道ミサイル)の完成には少し時間がかかるし、米本土に陣取るICBM迎撃態勢網は信頼度を増している。米韓間の経済・金融関係にしても、関係悪化を受けて困るのは韓国の側だ。

 韓国と米国は「双方の利害が対立」していない。それどころか、韓国は明々白々の弱い立場で、韓米同盟は絶対に堅持せねばならぬのに、ケンカを売っている。文在寅・大統領の外交ブレーンが米国に出掛けて公言してしまう。いわく-

 「(北朝鮮がミサイル挑発を続けるのは)米軍戦略兵器の前線配置が原因だ」

 「(演習で)米空母などを展開する必要はない」

 「(北朝鮮との対話に関し、核放棄を前提とする米トランプ政権と韓国・文政権が)条件を合わせる必要はない」

 韓国の国民を守護すべく米国が供給する地上配備型高高度ミサイル迎撃システム(THAAD)に関しても、配備の延期や中止をもくろむ。

 中国は、THAADを構成する高性能レーダーの探知距離が捜索モードに徹すれば1000キロを超え北京・天津の手前までのぞけてしまうので猛烈に反対している。配備の延期・中止は中国におもねた結果だ。在韓米軍や在留米国人も北ミサイルより防御するTHAADの配備が中止されれば、在韓米軍が撤退を意識し出す起点となろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米国に加え中国の斬首作戦に脅える北朝鮮の金正恩氏 ウイスキーにコニャック…倍の酒量でも拭えぬ恐怖
  • 米国に加え中国の斬首作戦に脅える北朝鮮の金正恩氏 ウイスキーにコニャック…倍の酒量でも拭えぬ恐怖

「ニュース」のランキング