産経ニュース

【小池知事定例会見録】豊洲千客万来と築地再開発「似通ったという主観については、どういうことかよくわからない」 都民ファーストの会「意思決定の場にかかわることは基本的にはない。アドバイザーという形で進める」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【小池知事定例会見録】
豊洲千客万来と築地再開発「似通ったという主観については、どういうことかよくわからない」 都民ファーストの会「意思決定の場にかかわることは基本的にはない。アドバイザーという形で進める」

会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=14日午後、都庁(酒巻俊介撮影) 会見で質問する記者を指名する小池百合子都知事=14日午後、都庁(酒巻俊介撮影)

 【質疑応答】

 --それでは、幹事から。まずは、豊洲市場の中に整備する観光拠点の千客万来施設について。至近距離にある豊洲と築地の2カ所に非常に似通った食の観光拠点をつくって、両方採算がとれるという方法があるのか、どのようにお考えか

 「まず、答えはイエスであります。イエスというのは、千客万来施設というのは、豊洲の活気、そしてにぎわいを生み出すために必要な施設であるという認識については変わっておりません。よって、イエスとお答えいたしました。似通ったと仰いましたが、まず似通ったも何も、『食のテーマパーク』と申し上げているだけで、まだ基本計画について、今、9局長会議等を通じまして、まずは豊洲の移転を確実に行うこと、そして次に築地のあそこの地を生かして、何をどのようにしていくかというのを今検討しているところでございますので、似通ったという主観については、これはどういうことかよくわかりません。

そしてまた、私とすれば、事業者の方には計画どおりの豊洲での事業を展開をしていただきたく、また、豊洲のにぎわいというのをこれからしっかりとつくっていく。そのためにも、今回のこの千客万来施設事業、こちらの方も、今後の豊洲市場の発展とともに進めていきたいと考えているところでございます」

 「ご指摘のとおり、事業者の方からは、築地再開発の詳細な内容について速やかに説明を求められているということでございますが、誠意を持ってご説明もし、対応するよう、市場当局にも指示をしたところでございます」

 --豊洲、築地が将来どうなるのか、築地の業者の皆さんも具体的に知りたいと思っている。どのようなスケジュールで収支の見通しも含めた具体像を示すのか

 「今後の、まず豊洲について、移転するに当たりましては、専門委員の専門家会議の方から出されております工事を施工しなければなりません。それによって、確実な市場の環境整備ということを整えていく、これは既に皆さんご承知のことだと思います。これの工程表と、それから築地の再開発については、若干時間的なラグがどうしても生じます。と申しますのも、築地は、今の予定におきましては、オリンピックのデポに使っていくということもございます。また、さまざまな調査なども必要になってくるということでございますが、ですから、タイムスケジュール的に、最優先事項といたしまして、豊洲市場の安全性のさらなる確保、そしてその上で豊洲移転を速やかに行っていく。そしてまた、築地につきましては、今後のオリンピックに必要なデポをつくっていくというようなことが、具体的なアジェンダとして上がっているところでございます。それを『何月にどう』というのは、今、まさしく精査をしているところでございます」

 --豊洲の追加対策工事を始められる時期は

 「これについては、予算が必要になってくるということでございますので、今後詰めていきたいと思っております」

 --すると、9月の定例会で補正予算がついてからということに

 「そこもしっかりと議論をしていきたいと思っております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング