産経ニュース

【阿比留瑠比の極言御免】毎日カップ麺ならよい政治家なのか? 本質と無関係な「切り取り報道」こそメディア不信の元凶なのだ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【阿比留瑠比の極言御免】
毎日カップ麺ならよい政治家なのか? 本質と無関係な「切り取り報道」こそメディア不信の元凶なのだ

都議選投開票の2日夜、会食を行った飲食店を後にする安倍首相(右)=東京都新宿区 都議選投開票の2日夜、会食を行った飲食店を後にする安倍首相(右)=東京都新宿区

 古今東西、為政者はそしられ、揶揄(やゆ)の対象とされるものだろうが、同じようなパターンの批判が繰り返されると鼻につく。産経新聞自身の反省も込めて少々記しておきたい。自民党が大敗した東京都議選投開票日の2日夜、安倍晋三首相が都内のフランス料理店で会食したことが、やり玉に挙げられている件である。

フランス料理に批判

 「夜の会合に連日行き、一晩で何万もするような高級店に行っている。庶民の感覚とかけ離れている」

 これは、安倍首相に投げかけられた言葉ではない。平成20年10月、当時の麻生太郎首相が記者団から受けた質問である。このころ、麻生氏はホテルのバー通いなどが問題視され、メディアから「庶民感覚がない」「カップラーメンの値段を知らない」などと責め立てられていた。

 今回、安倍首相は同様に「ぜいたくだ」「落選した候補者の気持ちが分からない」などと攻撃された。首相は就任前の24年9月、自民党総裁選決起集会で験担ぎのカツカレー(3500円)をホテルで食べた際にも、テレビのワイドショーなどで散々いじられていたが、そこに、政治の何の本質があるというのか。

 会合場所が安居酒屋だったり、食事がカップめんだったりすれば、政権運営はうまくいくのか。苦い肝をなめ、固い薪の上に寝れば国民の暮らしはよくなるのか。そんな道理はない。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング