産経ニュース

【憲法改正】自民、都議選大敗で「改憲議論は丁寧に」 憲法改正推進本部が会合

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【憲法改正】
自民、都議選大敗で「改憲議論は丁寧に」 憲法改正推進本部が会合

自民党憲法改正推進本部の執行役員会であいさつする保岡興治本部長(中央)=5日午前、東京・永田町 自民党憲法改正推進本部の執行役員会であいさつする保岡興治本部長(中央)=5日午前、東京・永田町

 自民党憲法改正推進本部は5日午前、党本部で執行役員会を開き、東京都議選での自民党惨敗を受けて丁寧に改憲議論を進めることを確認した。午後には「緊急事態条項」をテーマに、全所属議員を対象とする全体会合を開く。

 保岡興治本部長は「都議選の結果がわれわれに何を突き付けようとしているのかをしっかり踏まえて議論を重ねたい」と述べた。

 安倍晋三首相(党総裁)は、秋の臨時国会に党改憲案を提出する方針を崩していない。執行役員会で石破茂前地方創生担当相は「いつまでもタラタラとやるということではないが、丁寧にやることが大事だ」と述べ、スケジュールありきの議論を牽制した。船田元・憲法改正推進本部長代行は記者団に「期限を切るのは得策ではないが、総裁の言う日程に近づけるよう努力する」と述べた。

 執行役員会では「憲法は終わったという人もいる。丁寧に説明すべきだ」など、改憲機運が後退することを危惧する意見も相次いだ。

このニュースの写真

  • 自民、都議選大敗で「改憲議論は丁寧に」 憲法改正推進本部が会合

関連トピックス

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング