産経ニュース

「都民」国政進出で自民1勝24敗、都議選データで衆院選獲得議席をシミュレーション 民主に政権交代許した平成21年と似たパターン

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新


「都民」国政進出で自民1勝24敗、都議選データで衆院選獲得議席をシミュレーション 民主に政権交代許した平成21年と似たパターン

 産経新聞は、2日投開票の東京都議選の出口調査データを衆院東京全25選挙区に当てはめた各選挙区の獲得議席シミュレーションを実施した。小池百合子都知事が率いた地域政党「都民ファーストの会」が国政に進出した場合、自民党は公明党の選挙協力がないまま都民と戦えば15区のわずか1議席しか獲得できず、公明党と選挙協力をしても自公両党の獲得議席は17で、都民に8議席奪われる結果が出た。

 シミュレーションは、出口調査の際に質問した「支持政党」の回答数を基に、次期衆院選から適用される新しい区割りを反映した。公明票の上積みが自民党候補の勝敗を左右する「公明票頼み」が改めて浮き彫りになった。

 小池氏の国政進出で自民1議席という今回の試算に近い結果といえるのが平成21年の衆院選だ。民主党(当時)に政権交代を許した自民党は4議席にとどまった。うち公明党の推薦を得ず、民主党と一騎打ちで自民党が競り勝ったのは東京17区だけで、残る3選挙区は民主党が公認候補を擁立しなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「都民」国政進出で自民1勝24敗、都議選データで衆院選獲得議席をシミュレーション 民主に政権交代許した平成21年と似たパターン

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング