産経ニュース

【東京都議選】民進党若手が敗北の総括を野田佳彦幹事長に要請へ 「二大政党の一翼といえぬ惨敗」「全員が腹を切るべき状況」

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【東京都議選】
民進党若手が敗北の総括を野田佳彦幹事長に要請へ 「二大政党の一翼といえぬ惨敗」「全員が腹を切るべき状況」

記者会見する民進党の野田佳彦幹事長=3日午前、国会内(斎藤良雄撮影) 記者会見する民進党の野田佳彦幹事長=3日午前、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進党の岸本周平衆院議員ら若手議員有志が3日、東京都議選での敗北について、両院議員懇談会で総括すべきだとする申し入れ書をまとめた。4日に野田佳彦幹事長宛てに提出する。

 申し入れ書に名前を連ねたのは、岸本氏と井坂信彦氏、福島伸享氏、初鹿明博氏の各衆院議員。獲得議席が改選前から2減の5議席にとどまったことを受け「二大政党の一翼を担う政党とはいえない惨敗」「党存亡の危機ととらえ、党改革、党刷新のうねりを起こすべきだ」と訴えている。

 岸本氏は産経新聞の取材に「お家芸の内輪もめをやっている場合ではなく、結果責任は議員一人一人にある。全員が腹を切るべき状況だが、期数が上の議員が危機感を持っているか疑問だ」と語った。

 岸本氏は今年4月、野田氏に対し、党の意思決定プロセスの明確化などを求める提言を行っている。

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング