産経ニュース

【東京都議選】小池百合子氏「都民ファーストの会」代表辞任を表明 「知事に専念」「二元代表制への懸念」

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【東京都議選】
小池百合子氏「都民ファーストの会」代表辞任を表明 「知事に専念」「二元代表制への懸念」

都議選での大勝から一夜明け、記者の質問に笑顔で答える小池百合子都知事=3日午前、東京・西新宿 都議選での大勝から一夜明け、記者の質問に笑顔で答える小池百合子都知事=3日午前、東京・西新宿

 東京都の小池百合子知事は都議選の投開票から一夜明けた3日、「二元代表制への懸念があることを想定し、知事に専念する」と述べ、同日付で自身が率いる地域政党「都民ファーストの会」代表を退くことを明らかにした。知事特別秘書の野田数幹事長が後任の代表に就任する。

 報道陣の取材に応じた小池氏は、都民の躍進について「古い議会を新しくとの期待を受けて第一党に上り詰めることができた」と述べた。一方、小池氏が都民の代表を務めることに対しては、自民党などから「二元代表制が崩れ、一元にしてしまう」といった批判が出ていた。

 また、噂される国政進出は否定しつつ、「国政でいろいろな動きが出てくると思うが、国民ファーストをベースに考える方が増えれば国民にとってはいいことではないか」と話した。

 自民や民進を離党するなど、異なるバックグラウンドを持つ候補が都民公認で当選したことについては、「さまざまな政党が瓦解(がかい)する理由はワンボイスではなかったことだ」と過去の政党の失敗を分析。

 その上で「議論は重ねる。しかし最後、(意見を)集約したらワンボイスに組織として従っていく」とした。党としての議論の過程を可能な範囲で透明化する考えも示した。

このニュースの写真

  • 小池百合子氏「都民ファーストの会」代表辞任を表明 「知事に専念」「二元代表制への懸念」

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング