産経ニュース

【東京都議選】安倍晋三首相「深く反省」「初心に立ち返って全力」 自民党臨時役員会で下村博文都連会長が会長辞任を正式表明

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【東京都議選】
安倍晋三首相「深く反省」「初心に立ち返って全力」 自民党臨時役員会で下村博文都連会長が会長辞任を正式表明

自民党の臨時役員会に臨む安倍首相(右端)、二階幹事長(右から2人目)ら。左端は下村都連会長=3日午前、東京・永田町の党本部 自民党の臨時役員会に臨む安倍首相(右端)、二階幹事長(右から2人目)ら。左端は下村都連会長=3日午前、東京・永田町の党本部

 安倍晋三首相(自民党総裁)は3日午前、東京都議選で過去最低だった38議席を大きく下回る23議席にとどまる歴史的大敗を喫した結果について、「大変厳しい都民の審判が下された。自民党に対する厳しい叱咤(しった)と深刻に受け止め、深く反省しなければいけない」と述べた。首相官邸で記者団に語った。「政権を奪還したときの初心に立ち返って全力を傾けていく決意だ」と、政権運営を早急に立て直す意向も示した。

 敗因に関し、首相は「政権が発足して5年近くが経過する。安倍政権に緩みがあるのではないかという厳しい批判があったのだろう。真摯(しんし)に受け止めなければいけない」と説明した。

 この後、首相は党本部で臨時役員会を開いた。出席者によると、首相は「しっかり反省し、謙虚に受け止める」と話した。

 党東京都連の下村博文会長が都議選での大敗を受け「こういう結果になり申し訳ない」と陳謝し、都連会長辞任を正式表明。党執行部は一致結束して首相を支える姿勢を確認した。想定外の惨敗になった原因の分析を急ぎ、党勢回復を目指す。

 同日午後に官邸で開かれる政府与党連絡会議で、連立を組む公明党と政権与党として結束し、政権運営に当たる方針を確認するもよう。公明党は都議選では小池百合子都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」と選挙協力しており、自公関係の立て直しも課題となる。

続きを読む

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング