産経ニュース

【都議選投開票】民進・野田佳彦幹事長「安倍政権にノーの意志表示を示した」

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【都議選投開票】
民進・野田佳彦幹事長「安倍政権にノーの意志表示を示した」

 民進党の野田佳彦幹事長は3日未明、東京都議選で自民党が大敗し、民進党が告示前から2減の5議席となったことについて「安倍晋三政権に対し、(有権者が)ノーという意思表示を示した」と述べ、政府に対し、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画などを議論する臨時国会の早期召集を求めた。

 野田氏は、反自民票の多くが小池百合子都知事率いる「都民ファーストの会」に流れたことについて「われわれは埋没感がある」と語った。ただ「次の党勢拡大を目指す責任を果たしていきたい」と述べ、自らの辞任論は否定した。都内で記者団に語った。

 野田氏は選挙戦を振り返り、「間違いなくおごれる自民党への嫌悪感が充満している感じがある」と指摘した。民進党が加計問題や学校法人「森友学園」(大阪市)問題などを追及したことで「安倍政治にノーという意思表示を作り出した意味では大きな貢献があった」とも述べた。

 野田氏は、今回の都議選で「最後の1議席を争って当選したケースが多い」とも言及した。次期衆院選についても「競り合う所が多く、競り勝つにはどうしたらいいかを考える」と述べ、共産党との選挙協力を進める考えを示した。

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング