産経ニュース

【都議選投開票】公明・山口那津男代表「国政と都政は別」 自民党大敗は安倍晋三政権への審判ではないとの認識

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【都議選投開票】
公明・山口那津男代表「国政と都政は別」 自民党大敗は安倍晋三政権への審判ではないとの認識

 東京都議選の開票状況を受けて、報道陣の質問に答える公明党の山口那津男代表=2日午後、東京都新宿区の公明党本部(福島範和撮影)   東京都議選の開票状況を受けて、報道陣の質問に答える公明党の山口那津男代表=2日午後、東京都新宿区の公明党本部(福島範和撮影) 

 公明党の山口那津男代表は2日夜、党本部で記者会見し、東京都議選で自民党が大敗したことが安倍晋三政権に対する審判にならないとの認識を示した。「国政と都政は別だ。今回は都民の都政に対する審判で、国政の運営は引き続き連立政権の役割が重要だと強く認識している。いささかも政権運営に揺るぎはない」と述べた。

 同時に「公明党にしても自民党にしても、都議選の結果が今後の国政に影響を与えないようにすることが重要だ。国政選挙のタイミングも考えながら、国政の態勢を足固めして国民の期待に応えてまいりたい」とも語った。

 一方で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などを都議選で訴えた民進党などの議席が飛躍的に伸びていないことに言及し「国政に偏して訴えた勢力が大きく議席を伸ばしたわけではない。そのことを冷静に受け止めることが大事だ」と主張した。都議選の結果は国政と切り離すべきだとの考えを重ねて示した。

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング