産経ニュース

【都議選投開票】象徴の千代田区 ドン内田氏の後継敗れる 小池流にYES

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【都議選投開票】
象徴の千代田区 ドン内田氏の後継敗れる 小池流にYES

 落選が確実となった新人の中村彩氏(右)と自民党重鎮の内田茂都議=2日午後8時16分、東京都千代田区(桐山弘太撮影)  落選が確実となった新人の中村彩氏(右)と自民党重鎮の内田茂都議=2日午後8時16分、東京都千代田区(桐山弘太撮影)

 「身に余る結果だが、これがゴールではない。都議会を変えろ、慣習やしがらみをなくせという思いがこの結果につながった。むしろ本日はスタートだ」。事務所で開票速報を見守った千代田区の都民新人、樋口高顕氏(34)は午後8時過ぎ、集まった支援者と万歳三唱し、喜びの声をあげた。

 追い風について「利権はこりごりだという(有権者の)静かな怒りや不満を感じた」と振り返った。

 壁には都民代表、小池百合子氏が笑顔で写るひと際大きなポスター。樋口氏は選挙期間中、学生時代に小池氏の選挙スタッフを務めて以来の信頼関係をアピールし、小池氏も告示日の演説先に組み込むなど重視してきた。

 千代田区は、平成元年に初当選した自民党の重鎮、内田茂都議の地盤。昨夏の知事選で当時、都連幹事長だった内田氏ら執行部が小池氏ではなく、別の候補の推薦を決定したことで小池氏との対立が深まり、小池氏からは「都議会のドン」と批判された。

続きを読む

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング