産経ニュース

【都議選投開票】民進・馬淵澄夫選対委員長「浸透不十分、埋没もあったかも…」

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【都議選投開票】
民進・馬淵澄夫選対委員長「浸透不十分、埋没もあったかも…」

 開票センターに入る民進党の馬淵澄夫選対本部長=2日午後、東京都千代田区の民進党本部(飯田英男撮影)  開票センターに入る民進党の馬淵澄夫選対本部長=2日午後、東京都千代田区の民進党本部(飯田英男撮影)

 民進党の馬淵澄夫選対委員長は2日夜、NHK番組で、東京都議選で現有議席を減らした要因に関し「チェック機能を果たせる議員が必要だと支援を求めてきたが、十分に浸透しきれない、あるいは埋没といわれる部分があったかもしれない」と述べた。安倍晋三政権への不満層を民進党への支持に結びつけられなかったことについては「直接都政に結びつけることは難しかったかもしれない」との見方を示した。

 自民党の大敗については「政権与党の歴史的大敗は重く受け止めるべきだ」と指摘。引き続き臨時国会の早期召集と学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題をめぐる説明を求めていく考えを示した。その上で「国民の不満が結果に表れている。われわれがその先頭に立ってただしていきたい」と述べた。

 主な発言は以下の通り。

 --国政で野党第一党の民進党にとって、首都・東京の選挙戦はどういう戦いになったか。どう受け止めているか

 「この選挙は都政を審判するということであるが、やはり国政の影響が大きく出たと感じている。やはり安倍政権の一強政治、独裁政治に対する都民の反発、国民の反発が強く出てきた」

続きを読む

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング