産経ニュース

中国海軍の情報収集艦が津軽海峡で領海侵入 政府は懸念を表明

ニュース 政治

記事詳細

更新


中国海軍の情報収集艦が津軽海峡で領海侵入 政府は懸念を表明

津軽海峡の領海に侵入した中国海軍のドンディアオ級情報収集艦(防衛省提供) 津軽海峡の領海に侵入した中国海軍のドンディアオ級情報収集艦(防衛省提供)

 防衛省は2日、中国海軍の情報収集艦が同日、津軽海峡の領海に侵入したと発表した。中国軍艦の領海侵入は平成28年6月に鹿児島県の口永良部島周辺で確認されて以来で3回目。政府は外交ルートで中国側に懸念を表明した。

 政府は「中国艦が、国連海洋法条約上の『無害でない航行』と認められる行為を行った確定的な情報がない」(防衛省)として、自衛隊への海上警備行動の発令は見送った。

 防衛省によると、領海に侵入したのはドンディアオ級情報収集艦。2日午前10時40分ごろ津軽海峡の「小島」(北海道松前町)南西の領海に入り、午後0時10分ごろ、小島の南東で領海を出た。海上自衛隊のP1哨戒機などが確認した。

 海自が航行目的などを無線で問い合わせたのに対し、中国艦から、「国際法にのっとって航行している」との回答があったという。

このニュースの写真

  • 中国海軍の情報収集艦が津軽海峡で領海侵入 政府は懸念を表明

関連ニュース

「ニュース」のランキング