産経ニュース

【都議選投開票】自民・下村博文幹事長代行、大敗も憲法改正議論は「今まで通り」

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【都議選投開票】
自民・下村博文幹事長代行、大敗も憲法改正議論は「今まで通り」

 インタビューに応じる下村博文都連会長=2日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)  インタビューに応じる下村博文都連会長=2日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)

 自民党の下村博文幹事長代行は2日夜、テレビ朝日の番組で、「憲法改正議論は今までどおり進めていく必要がある」と述べ、東京都議選での自民党大敗が憲法改正議論に与える影響はないとの認識を示した。

 安倍晋三首相(党総裁)は党改憲案を秋の臨時国会で提出する方針を表明している。党の改憲案づくりを進める党憲法改正推進本部の本部長補佐を務める下村氏は「案のスケジュール感に対し、都民が反対だと思って他の党や都民ファーストに票を投じたとは思っていない」と述べた。その上で「これからの理想的な日本を形づくるための憲法ということは、非常に重要だ」と意欲を強調した。

関連トピックス

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング