産経ニュース

【都議選投開票】「最大でも38ですが」NHKの武田真一アナの質問に自民都連の下村博文会長「深刻に受け止めている」

ニュース 政治

東京都議選2017特集東京都議選2017特集のタイトル画像

記事詳細

更新

【都議選投開票】
「最大でも38ですが」NHKの武田真一アナの質問に自民都連の下村博文会長「深刻に受け止めている」

厳しい表情でテレビのインタビューを受ける下村博文都連会長=2日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影) 厳しい表情でテレビのインタビューを受ける下村博文都連会長=2日午後、東京・永田町の自民党本部(酒巻俊介撮影)

 自民党東京都連の下村博文会長(63)はNHKのインタビューで、武田真一アナウンサー(49)の「最大でも自民は38議席という調査結果が出ているが」と問われ「非常に厳しい。深刻に受け止めている」と答えた。その上で「今回の結果は謙虚に受け止めたい。それだけ都民が厳しい審判を下した。これを反省して信頼を回復していくことが問われている」と述べた。

 また森友・加計の両学園の問題で、野党が閉会中審議や臨時国会の召集を求めていることについて「必要に応じて、各委員会で対応していただきたい。今後、党執行部、政府としても丁寧に対応していると(国民に)思っていただけるように考えていきたい」と述べ、方針を変えることを示唆した。

 また小池氏らとの政策協議について問われると「オリンピック・パラリンピックは大成功させなければならない。もう3年後です。最大限の協力はきちっとしていきたい。(離党届を出した国会議員らについては)二階(俊博)幹事長のもとで適切に対応していただけると考えている」と述べ、明言を避けた。

各選挙区の候補者一覧

「ニュース」のランキング